レグナライトと交換できるアイテムにダークアイという顔アクセと交換することが出来ます

ダークアイも合成すると色々な合成効果が付きますが、どこから手を付ければいいのか??

などについてを今回は解説していきます。

 




 

ダークアイの基礎効果と合成効果

 

基礎効果は

HP +4

こうげき魔力 +10

魅了ガード +50%

 

ダークアイを合成すると次の効果が付きます

さいだいHP +2

こうげき魔力 +2、+3

魅了ガード +5%、+10%

 

スポンサーリンク




 

ダークアイのおススメ合成効果

結論から言えば、全部作った方がおススメです!!

どれも効果が強いので非常に優秀です

 

一応、自分の中で順位をつけるとすれば

魅了ガード=さいだいHP>こうげき魔力 です

 

最初のうちは、理論値が2個付いたものを完成させてみるのもOKです。

例えば、さいだいHP+2が二個付いたらHP型を目指してみたりするような感じです。

 

魅了ガード

魅了ガードは最大80%積むことが出来ます!!

同じ魅了ガードの性能のぐるぐるメガネと比較をすると

ダークアイ:HP+4 こうげき魔力+10

ぐるぐるメガネ:守備力+2

という違いがあります

 

入手難易度の低さはぐるぐるメガネの方ですが

実用性はダークアイの方が上です!!

 

Ver4.5後期時点では魅了を使うボスは、強ボス、コインボス、試練、邪神の宮殿のボスに一部居ますが

常闇の聖戦や聖守護者の闘戦記では魅了を使ってきません。

 

ただ、サポート仲間として預ける時に魅了ガードがあったりするとセールスポイントの一つになりますし今後の新たなボスでは使ってくる可能性もあるため作っておいた方がおススメです。

 

さいだいHP

さいだいHPの理論値の場合は

さいだいHP +10

こうげき魔力 +10

魅了ガード +50%の性能になります

 

顔アクセで、HPとこうげき魔力盛れるのは非常に強力です。

一部ボスを除くとドラクエ10はHPが重要なゲームなのでこちらは重要です

 

また、ジェルザーク戦でさいだいHP型は魔法使いのおススメアクセの一つです

 

スポンサーリンク




 

こうげき魔力

こうげき魔力の理論値の場合は

さいだいHP +4

こうげき魔力 +19

魅了ガード +50%の性能になります

 

こうげき魔力に特化すると、約20ポイント近く魔力が上がりますので強力な性能になります。

ボスの必要HPラインに余裕がある時は、魔力特化型に変えてみるのも選択肢の一つです。

 

残念ながら、私はこうげき魔力型はまだ完成していない状態なので早めに作るようにしておきます

 

まとめ

以上がダークアイの合成効果は何がおススメかについての説明でした

ダークアイの合成効果は、正直どれも強いのでレグナライトが余っていれば全部作ってみてもOKです。

 

魅了ガードは今後必要になるかもしれませんし、強戦士や試練攻略の一部ボスが楽になります。

さいだいHPはエンドコンテンツでも使われている性能です。

 

 



 

 

 

少しでも役に立ったらポチっとお願いします!!


人気ブログランキング