先日プチゴースネル討伐に誘われ、初挑戦でしたが勝つことが出来ました。

5回戦いましたが、4人で挑むと全試合1分切れるくらい素早く倒せました。

 

そんな中、PT内のチャットで

「プチゴースネルは1人で攻略出来るのかな?」

という話が出てきて、やってみたくなったので1人で挑戦しようと思いました。

 




 

本記事では

1、本記事の企画&しばりプレイの内容

2、プチゴースネル要注意行動パターン

3、必要な耐性

4、今回の職業について

5、ゴースネルに挑んだ結果

を書いていきます。

 

今回の企画&しばりプレイの内容

4人で挑むと圧勝できたプチゴースネルは1人で挑んでも勝てるのか??

その時一緒に遊んだPT内でそういった話しが出てきましたが、本当に勝てるのか検証したいと思い

1人で戦ってみました。

 

しばり内容について

比較的ゆるい感じの縛りプレイですが、内容についてを説明します

・1人でプレイしてサポート仲間、仲間モンスター禁止

今回は1人で勝つというのが絶対条件です。

 

・アイテム使用禁止

やくそう系やせかいじゅのしずくを禁止します。

特にしずくは高級品なので使わないようにします。

 

プチゴースネル 要注意行動パターン

四人で行っても意外と見くびると危険な行動パターンがいくつかあります。

1、テンションバーン

攻撃を受けるとテンションが1段階上がる特技で、プチでも高い頻度で使用してきます。

プチゴースネルは牙王ゴースネルと比べて攻撃ダメージも致死量ではありませんが、テンションが

上がった攻撃を受けると油断ならないダメージになります。

 

2、はげしいおたけび

威力はだいぶ下げられいますが、攻撃を受けてしまうと転んでしまいます。

やっぱり厄介な技ですし、周回をしている時に転ぶとテンポロスになります。

 

3、バギムーチョ

牙王ゴースネルのバギムーチョより威力は下げられていますが、広範囲な攻撃技です。

 

4、やみのころも

これが一番厄介な技でした。

やみのころもをまとっている間はプチゴースネルに与えられるダメージが小さくなり

受けるダメージがかなり大きくなります。

 

スポンサーリンク




 

プチゴースネル戦で必要な耐性

おびえガード

はげしいおたけびで転んでしまうと追撃を受けてしまう恐れがあります。

しっかりと100%にしましょう。

 

マヒガード

牙王ゴースネルと同様、攻撃に麻痺の追加効果が付いている技を使用してきます。

麻痺は必須です。

 

どくガード

あればいいという程度です。紫雲のたつまきの毒によるスリップダメージがだいぶ抑えられたので

用意出来ればOKという程度です(4人で挑む場合)

 

今回はいい具合に耐性を揃えることが出来ました。

 

プチゴースネルに1人で挑んだ時の職業について

攻撃、回復、補助が揃っている占い師で安定を取って攻略してみようと考えました。

今回は1人で倒せるかどうかの検証で、タイムアタックではありません。

デッキ構成は次の通りです。

魔王は四諸侯を採用してみた

アクバー&グラコスの効果で魔王のいざないでカードを引くと

HPが40%、MPが10%回復するので継戦能力をアップできます

 

デュランは正義を採用して、ゴースネルは光属性が弱点なので条件がそろえば

高火力で連続攻撃を仕掛けられます。

 

ジャミラスは女教皇にして、万が一にしっかり備えるようにしました。

 

ヤバくなったら回復

女教皇で回復したいときに引き込めるよう4枚積みました

また、教皇のタロットも2枚積んでおり、ゴースネルのダメージを軽減したり今回の場合だと

リホイミ系の恩恵も大きいです。

 

使用武器について

今回は片手剣とムチを使用しました。

テンションバーンが厄介なので、極竜打ちで無力化出来るように考えてみました。

また、片手剣は生存力が単純に上がるので今回は火力より安定を取りました。

慣れて来たら弓や棍でもOKと予想しています。

 

 

スポンサーリンク




 

 

プチゴースネルに挑んだ結果

ゴースネルの突撃や通常攻撃が本当に威力が下げられており、教皇のタロットで守備力の補正がかかったりすると

1発のダメージが50くらいまで抑え込めます。

 

バギムーチョは、本当に威力が抑えられています。

 

テンションバーン中にちょうど極竜打ちをすることで、しっかりとテンションバーンを解除させることが出来ました!

 

しかしながら、実際にやってみるとHPが黄色になってからだと闇のころもを使用してきて、正直これが一番面倒でした。

恥ずかしながら、猛攻に耐え切れず2回ほど敗北してしまいました

正しく油断大敵でしたね><

 

色々と対策を考えた結果、闇のころも状態の時は出来るだけ攻撃を避けるようにして効果時間が切れるのを待つことに

専念しました。HPが減ったら女教皇のタロットを使ったり、フィールドを動き回って回避するなどしました。

また、魔王のいざないのチャージが出来ていたらすかさず使用してHPを40%を無理矢理回復するという手もあります。

 

闇のころもが切れた後に押し込んだ結果遂に・・・

何回か負けたものの1人で討伐出来ました!!

 

討伐タイムはこんな感じでした。もっと早く出来るところは出来たかもしれません。

ソロ攻略は闇のころも状態をいかに凌ぎ切れるかにかかっていることが分かりました。

それ以外は、レベルさえ上がっていればほとんどの攻撃が耐えれます。

 

タロットに関しては、攻撃タロット(塔か罪人)を1枚減らして、教皇をもう1枚くらい増やした方が

もうちょっと安定しそうでした。

 

まとめ

プチゴースネルは1人で討伐することは可能でした!!

ただ、牙王ゴースネルと同様に闇のころも状態はかなり面倒です。

確実に勝ちたい場合は2人以上のパーティで行きましょう~

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

ブロランキング参加中!ご協力お願いします!!


人気ブログランキング