ゼルメア探索では、無料で最新の防具を揃えることが出来るコンテンツになっていますが、初心者のうちは

どれが当たりでどれが外れかが錬金効果の良し悪しが分からないと区別しにくい内容です。

私も当時は、知り合いと行った時に「当たりだー」と言われてもいまいちパッとしませんでした

 

本記事では、ゼルメアの錬金効果で布職の僧侶、魔法使い、賢者、占い師、天地雷鳴士の場合はどれが当たりなのかを

紹介します。

 

・戦士、パラディン編は前回書きましたのでよろしければこちらをご参照ください

道具使い、盗賊、魔法戦士向けはこちらです。

・武闘家、まもの使い、バトルマスター、踊り子向けはこちらです。

 

スポンサーリンク



 

ゼルメア探索が初めての場合は何を選べばいいのか??

Ver4.5時点でゼルメアで拾えるのは・・・

レベル96で装備できるものにはクルーガーシリーズ(地下1階~地下4階)

レベル99で装備できるものはカテドラルシリーズ(地下5階~地下9階)

レべる100で装備できるものはソポスころもシリーズ(地下10階~地下14階)

上記の3種類がゼルメアで探索することが出来ます。

 

レベルさえ上がっていれば最新の階層で装備を集めることをおススメします

また、お目当てのものがあれば特定の階層から選びましょう。

 

ここで注意点は体下装備だけはカテドラルシリーズにはありませんので、地下5階以外の階層で

探す必要があります

 

また、ゼルメア探索で見つかる防具を持っていない場合は初めのうちは錬金効果は気にせず単純に

装備の基本性能を重視して一通り種類を揃えてもOKです。要らなくなってきたら捨てても大丈夫です。

 

ゼルメア装備の錬金効果はどれが当たりなのか??

アタマ装備

・状態異常耐性が100になっているものはキープ

状態異常Aが100%状態異常Bが60%のような組み合わせの錬金は当たりです。

例えば、混乱60%、混乱60%マヒ60%のようなものです。

アタマ装備に付く耐性は眠り、マヒ、混乱、封印のどれかを狙っていきたいですが、特に封印は

欲しいです。

 

・幻惑耐性は布職では微妙

魔法使いや僧侶は直接攻撃する機会が少なめなので、幻惑耐性は戦士などと比較すると優先度は低めです。

良い装備が揃って来たら幻惑耐性が付いているものはあまり使いませんので捨てても構いません。

 

・状態異常耐性が全部60%なのは、良い装備を持ってない場合キープしてもよい

例えば、毒60%、マヒ60%、封印60%という風にどれも60%の錬金効果のものがゼルメアでは

良く出てきます。よさそうに見えて意外と他の装備と組み合わせて耐性100を作るのが難しいです。

こちらも良い装備を揃えるまでのつなぎとして使うのはいいですが、揃って来たら捨てても構いません。

 

 

からだ上装備

・即死耐性または呪い耐性が100のものが大当たり

即死または呪いは、からだ上で耐性を100にしておくと他の耐性を組み合わせる時に結構楽になります

即死は、からだ上以外だとアタマ装備にしか付きませんが、アタマ装備では別の耐性を優先させたいですし、

呪いはからだ上以外だと盾に付きますが、両手武器を持つ時は呪い耐性はからだ上でしか揃えられなくなります。

 

・ブレスダメージ軽減の埋め尽くしがもし出れば必ずキープ

ブレスダメージ付いているものは必ず残しておきましょう!!

レギルラッゾ&ローガストでは、からだ上のブレスダメージ軽減が重要ですし僧侶、占い、天地で使いまわせるので

出てくれば非常にラッキーです。

 

 

スポンサーリンク




 

からだ下装備(クルーガーのみ)

・状態異常耐性が100%になっているものはキープ

アタマ装備同様、状態異常Aが100%状態異常Bが60%のような組み合わせの錬金は当たりです。

+3で眠り、マヒ、混乱、封印のどれかが100ならキープしてもOKです。

 

・これも幻惑は不要

アタマ装備同様、幻惑は場面が限られてくるため幻惑以外の耐性を揃えた方が重要になってきます。

 

・攻撃魔力、回復魔力埋め尽くしもキープ

攻撃魔力+15や回復魔力+15が全部埋められているクルーガー下も当たりです。

他の部分で耐性を揃えることが出来れば、魔力を底上げすることが可能です。

 

・からだ下の毒100%は1個は欲しい

布職で毒100は、ダークキングやスコルパイドで必要になってきます。バザーで買うと何千万Gで出品する人が

います。ランプやツボ錬金職人が作ろうとするとパルプンテ限定の効果になってしまうのでゼルメアで

手に入りやすくなったのはかなり大きいです。

 

ウデ装備

・呪文発動速度が付いていれば当たり

呪文発動速度は、魔法使い、僧侶、賢者で使いまわせるのであれば便利です。ただ、中々出てこないのが

ネックなので買った方が早いこともあります。仲間モンスターにも使えるので埋め尽くしはあった方がいいです。

 

・会心率は占い師で使う

僧侶や魔法使いで会心率は要らないだろうと思われがちですが、意外と使えます。

占い師は、呪文発動速度は付いていても意味が無いため会心率を高めた方が重要になってきます。

 

・攻撃時〇%で混乱などはあまり使わないが、幻惑はネタ枠としてはあり

腕装備では攻撃時に状態異常付与のものはゼルメアではよく出ますが、あまり使われません。

いい装備が揃うまでのつなぎとして使ってもいいですが、揃って来たら捨ててもOKです。

 

しかしながら攻撃時幻惑は、鞭でスパークショットの成功率を高めることが出来ます!!

特に占い師では、試練のやまたのおろちや虫防衛軍といった意外なところで活躍出来ます。

 

足装備

・転び&踊らされガードの2種類が付いたものは絶対にキープ

転びガード踊らされガードの2つ付いているものがあれば大当たりです!!

転び耐性と踊り耐性は足装備でしか揃えられないため2つセットのが必須であり、どれか

1つが欠けているだけで価値が違ってきます。

もう1個の錬金効果では、転び&踊りのどれかが付けばさらに当たりです!

 

・みかわし率の埋め尽くしはあったら欲しい

みかわし率埋め尽くしは、レギルラッゾ&ローガストで使えます

このボスでは転びや踊りガードは使わず、いかに攻撃を避けるかが大事になってきますので、

みかわし率が出て来たら欲しいところです。

 

・移動速度も重要

移動速度は、防衛軍や最近のエンドコンテンツでは使用するものがあります。

移動速度3%が2~3個付いているものは当たりです!!

 

まとめ

以上が、僧侶、魔法使いなどが装備する防具の場合、どの錬金効果が当たりなのかに関する説明でした。

初めての方は、最新装備を狙ってみても良いかと思います。

 

ゼルメア5階から登場するカテドラル装備ですが、アタマ、からだ上、ウデ、足の4種類であり、からだ下を

探す場合は別の装備になります。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ブロランキング参加中!ご協力お願いします!!


人気ブログランキング